ヨガとは違うティラピスでバランスの取れたカラダを手に入れる

ヨガヨガもティラピスも同じようなストレッチのように感じますが、この2つは目的や方法、考え方が違います。まずヨガは呼吸法を大切にしており、腹式呼吸を行いながら副交感神経を活性化し、リラックスさせていくストレッチです。ダイエット効果はあまりないですし、ダイエット目的ではなく、思想による修行や治療法の一つであるので、瞑想を行いながら心を安定していくということを大切にしています。正しく腹式呼吸を行い、指定されたポーズをとることによって筋肉が正常につき、体の歪みが矯正され、痩せやすい体質に近づくことができます。そのため、持続して行うことが基本で、短期間ではその効果を実感することはできません。

一方のティラピスはヨガを参考にしながら作られており、もともとはダイエット効果を得るために作られたのではなく、リハビリテーションに基づいてつくられました。呼吸も胸式呼吸を取り入れており、自律神経を整え代謝をアップさせ太りにくい体質へと導きます。関節の安定性と可動域に注目して体幹を重視した動きが多く、インナーマッスルを鍛えるエクササイズとなるので、体のバランスが取れるようになり、姿勢が良くなり体の歪みを矯正していくことができます。主に姿勢の良さや腰痛の改善、バランス力の強化といったことが目的であるので、ヨガのようにリフレッシュ効果は得られないことが多いです。

さらにティラピスの場合、呼吸やポーズの他に器具を用いてインナーマッスルを鍛えていきます。インナーマッスルは使用していないとすぐに衰える特徴があり、さらに体の内側にあるので、普通のトレーニングを行っていたのでは十分に鍛えることはできません。ですので筋力を高めるためにはティラピスの動きは最適といえます。もちろん激しい運動は行わず、体への負担も少ないエクササイズとなるので、骨格がゆがんでいるように感じる、筋力が低下しているといった時に行うと良く、さらに肩こりや腰痛、慢性的な頭痛といった体の様々なトラブルにも対応することができます。

ティラピスは胸式呼吸を行うことで、交感神経を働かせ体を活性化させていきますし、横隔膜を意識的に動かすことによって自律神経を整える作用もあります。肩甲骨や脚、肩の関節を刺激するので関節が安定性を増し、体幹を鍛えていくので、体の歪みや姿勢の矯正、お腹周りの筋肉の強化を目指している場合はティラピスを取り入れたストレッチを行うと次第に体が整っていきます。