納豆はダイエットに向いている食材の理由とは

ダイエットに良い食材は数多くありますが、その中でも納豆はダイエットに向いている食材として人気があります。ダイエットを行った場合、体重をすぐに落としたいと感じますが、実はダイエットを行っている時の盲点として、体重に気を取られるあまり、必要な筋肉も減ってしまい、結果リバウンドを起こしやすくなることがあげられます。筋肉量を減らさないことが成功する秘訣でもあるので、必要なたんぱく質はきちんと取らなくてはなりません。さらに脂肪を分解する作用があるビタミンB2、糖質を燃焼するビタミンB1などのビタミンB群の摂取も必要となります。

ダイエットをする上で納豆が良い影響を与える理由にはナットウキナーゼとビタミンB群、イソフラボンといった成分が含まれていることがあげられます。納豆に含まれているナットウキナーゼは血液をサラサラにする働きがあることで有名ですが、そのほかにも血液がサラサラすることによって体の代謝があがり、エネルギーを効率よく燃焼することができます。ビタミンB群は糖質を燃焼させるほか、ビタミンB群の一つであるナイアシンは糖質を代謝するときに補酵素として働き、上手に分解をすることが可能です。人間の体では分解されずに残ってしまった糖質は、脂肪になってしまうので、糖質をきちんと分解させることがダイエットをする上で大切になってきます。そしてイソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをしますが、イソフラボンには脂肪の燃焼を促進する、脂肪細胞を小さくするといった働きもあります。

納豆は食べる時間によって効果が変わってきます。朝食時に食べると、代謝が高まり冷え性を予防することができます。夕食前に納豆を食べた場合は満腹感を得ることができるので食べすぎを防ぐことができ、さらに夜寝ている間に出てくる成長ホルモンの材料となります。おやつに納豆を食べると腹持ちが良いため夕食前までお腹がすかなくて済みます。満腹感を得ている状態はストレスも溜まっていないことが多いため、自律神経も整い痩せ体質へと導くことができます。この納豆はだいたい1パックを目安に食べると良いでしょう。

さらに様々な効果を得るには、納豆にキムチなどの発酵食品を組み合わせると腸内環境を整え代謝が良くなり、大葉やゴマを足すとコレステロールが低下してきます。香味野菜であるしょうがやネギ、ニンニクや玉ねぎを加えると納豆にあるビタミンB1の吸収力を高め糖質を燃焼させてくれます。