美脚をつくりたいなら骨盤の歪みを治しましょう!

美脚は意識していないとなかなか作り上げることはできません。生活をする上で歩き方にくせがあったり、足を組むなど偏った姿勢で過ごしてしまったりすると骨盤はいつの間にか広がってしまい関節部分がねじれてしまいます。このような状態が続いた場合、筋肉も本来の位置からずれてしまいさらに硬直してしまうので、O脚やX脚を引き起こしてしまいます。特にX脚の場合は血行が悪くなってしまうことがあり、冷え性を引き起こし、さらに代謝が悪くなるので脂肪をためやすくなり、太りやすくなるので注意が必要です。

骨盤は全身の土台となる部分であり、骨盤の歪みが生じると姿勢が悪くなるだけでなく脚の歪みも生じるので正しく骨盤の歪みを治していかなくてはなりません。股関節を意識した骨盤ストレッチや歩く時の姿勢に気を配ります。歩くときは足のかかとから着地をするようにし、足の裏で歩かない、左右に揺れないように体をまっすぐにして歩く、両膝の向きをそろえて歩くということを意識しましょう。

このほか美脚になるにはむくみを取り除かなくてはなりません。足は体の中で最もむくみやすい部分であり、筋肉が不足することでも起こります。足首マッサージや着圧レギンスを用いて血行促進をはかり、リンパの流れ良くするとむくみが改善していきます。足首マッサージは就寝前に行うのが良く、ベッドの上でもできるので毎日継続して行うようにします。着圧レギンスについても通常のレギンスと変わりはないので、日常的に着用すると良いでしょう。

エクササイズには、ランジスクワットやエア自転車があります。ランジスクワットの場合、他のエクササイズに比べると効果が出やすく、正しく行うことでおしりの筋肉も鍛えられ、血行促進となり脚全体のバランスが良くなります。ランジスクワットは正しく行うことが基本ですので、足先よりも膝が出ないように心がけ、かかとが浮かないように足をしっかりと床につけるようにします。この時体幹に力を入れると膝を中心とした下半身の負担を軽減することができます。ランジスクワットはだいたい15回を1日3セット行います。

エア自転車は1日5分で行えるストレッチであり、仰向けに寝転がって両足を腰から上げて自転車こぎをイメージしながら行っていきます。太ももの筋肉を使いますし、足を上にあげることで血流が逆流し、むくみも改善され足首が細くなっていくことができます。足は夜にむくみやすいので寝る前に行いその日の疲れをリセットするようにします。